大壁と真壁って?

大壁は住宅の柱を隠すように張られた壁のことで、真壁は住宅の柱が見えるカタチの壁のことです。
よく和室で見かける柱が見えるつくりが真壁です。
柱が見えることは、デザイン性はもちろん、柱の状態を確認することもできるので、メンテナンス性も高い造りです。

Posted in .